« 魅惑の聖地オフ会レポ(その2) | トップページ | つみに »

魅惑の聖地オフ会レポ(その3)

いいかげん長くてうざいですか?
自分メモもかねているので、お付き合いください。
とばしてくれてもいいですよ(笑)。

そんなわけで聖地レポ。
多分最後。

***********************

さてさて。
いよいよ農学部へ向けて歩き出した私たち。
なんせ、他の方々は年末の時に一度来ていますからね。
道に迷うことも無くすいすいと歩いていきます。
1回来ただけのはずなのにその記憶力。
暴君に裂かれる記憶容量ってみなさんはんぱないんだろうな。
(私もだけどさ)

結構山の中らしく坂道を登ったり下ったり。
そうこうしているといよいよ農学部が見えてきました。

駆け出すみなまさん。わ~☆

あれ?初めてじゃないよね?
一回来てるよね?
そのすばらしいテンションキープに関心しつつ
私たちも追いかけます。

おお。
なんかすごい感動。
みなまさんに教えてもらいつつひさし萌えもしました(笑)。
「あの三角がねっ!」と盛り上がる私たち。
っていうか漫画の舞台ってだけでこんな萌えていいのだろうか。
階段を上がりついに内部へっ。
他の方々が年末に来た時はさすがに入れなかったらしいです。
一般公開されていて堂々と入れるなんて、
祭りって素敵!っていうか私たちがすっかり祭り気分!

あ、でも建物内はとても静かでひとけも無く。

「学祭?関係ないな。うっとおしいだけだ」
とかいう兄さんの声が聞こえてきそうで萌えます。
この蚊帳の外っぷりが素敵(笑)。

とりあえず一般的にまだ好感度の高そうな生物なんちゃら科へ。

カラスとかいました。
ねずみもいました。
仔ねずみがめちゃちいちゃかったです。
以上。
(発表のしがいがない感想)

前菜をクリアし、いよいよ建物の深部へ潜入。
いや、ほんっとリアルと妄想の境目があいまいに・・・。
やばいです。
あそこはやばいです。
いい感じにちょっと古い建物でね。
研究室は大きいのから小さいのまで
ずいぶんとたくさんあるみたいです。
廊下は結構狭いので、
あまり人通りの多い時になかで騒いだら聞こえそうだなぁ。
夜中なら大丈夫なのかな、みんな帰ってて。
とかすっかり妄想にふける私。
まさにリアルと妄想の境目が・・・。

やっばい!俺やっばい!!
な状態ですね。

どきどきしつつ研究発表の場所へ。
研究発表は廊下にパネルを展示して説明する形式でした。
「中は見れないのか、ちょっと残念・・・」
と、思いつつ寄ってきたお兄さんに説明してもらう私たち。

とてもわかりやすかったです。
緊張しているのか若干カミカミでしたが、ほほえましく。

途中いきなり、
「体の性別と心の性別は別の時期に出来るんです」
という話に突入。
先に体の性別が出来て、
ほぼ最後の段階で心の性別が決まるらしいです。
通常ほるもんとかの関係で
ちゃんと体と同じものになるらしいですが、
たまに間違って別のものになってしまうと
性同一性障害?とかになるのらしいです。

「ホモとかね」とお兄さん。

なんのトラップかと思いました(-▽-)。

ばれてる!?
なにかばれているのっ((゚д゚*)(*゚д゚))!?
ものすごい緊張感が私たちを駆け抜ける。
凍りつく私たち。ピキーン・・・。

が、どうやらそれも研究発表の一環だったのらしい。
どう返していいのかわからず反応無さ過ぎなくらいで不審でした。
いやいや、いかんいかん。
背中から中身が飛び出しそうなの(@801ちゃん)を
必死に押し込めてんだから、
危ういトラップしかけてこないでください。

長々じっくりとした発表が終わったあと、
お兄さん研究室をちら見せしてくれました。
おわ~!すごい~~!!
妄想膨らみます~vv
さすがに写真とか熱心に撮ったら不審すぎかなと思ってたら
他の方々激写しまくっていました。
ちっ、撮ればよかった・・・。
変なところで自制心が働いてしまいましたよ、私。ばかだ。
みなさん、あとで画像回してねvvよろしくvv

でも本当に薬品の瓶とかものすごい並んでるんですね。
研究してる~って感じでした。
研究のチーム編成は教授によってまちまちらしいですよ。
大人数もあれば少人数もあるんだって。
へぇ~、兄さんたちは少人数なんだね。
っていうか兄さんがアウトローすぎて森永君しかいないんだろうな。
それに森永君もきっとやんわりと周りを遠ざけているのだろう。
兄さんとの2人っきりを邪魔されちゃいけないもんねぇvv

そして発表してくれたお兄さんはちょっと森永君ちっくでした。
ものごし柔らかなところとかね。
隣でたちつつ、「でも身長は兄さんくらいかなぁ?」とか
そんなことばっかり考えていました。
や、ちゃんと発表も聞いてましたよっ!?一応!

でも、学祭で発表とかもし廻ってきちゃったら、
やっぱり森永君がこういう役をやるんだろうなぁとか。
兄さんは中にこもって研究続けてるんだろうなぁとか。
模擬店にビールとか売ってるから
森永君が買い出しに行ったりするのかなぁとか。

素敵に妄想がはばたきました。
ナイス祭り。

あ、あと廊下に大きな冷凍庫があるのが印象的でした。
かなりたくさんあるんです。
めちゃ大きいのから小さいのまで。マイナス80℃とかの設定。
中には実験でなくなった生き物の死骸とか・・・
が、入っていることもあるそうな。ひえっ!
あと、実験の一環でぴよこから育てたとりさんを
自分で食わなきゃいけないのとかもあるらしい。

兄さんはためらいなく食す人だろうか。
でも動物とかには甘そうだからそうでもないのかな?とか。

別の場所にぴよこが大量に生まれているらしいです。
「かっわいいんですよ~~vv」とめろめろなお兄さん。
そんなあんたが可愛い。
研究がんばれ。

学祭的にとてもどうでもいい。
しかし私たちにとってとてつもなく重要ポイントな農学部は
こうして終わりました。
楽しかった・・・。
帰りも散々階段とか写真とりまくりましたが。

そして名残惜しく大学を後にした私達はジョ○サンへ。
2巻で2人でご飯食ってたと予想するポイント。
散々歩いて興奮しまくっていたせいか皆はらぺこ状態で、
なぜか全員ハンバーグを頼みました。うまかったです。
その後は時間の許す限り萌え談義。
日曜の健康的なファミレスのおしゃれなテラス席で萌え談義。
なにをあんなに喋っていたのか不明ですが、
多分チャットとあまり変わらないことを言ってた気がします。
あ、もちろんチャットほどエロい話はしてないけどねっ!

最後はなごや駅へ戻って百貨店でおかいもの。
ちっこい和菓子を購入。可愛いです。
翌日全部ひとりで食ってしまいました。
あれ?土産・・・?
あとあかふくの茶屋で一休みもした。
たまに食うとうまいですね、あかふくは。
私はおはぎは粒あん派なのですが。たまにはこしあんも良い。

楽しかった聖地もいよいよおわかれ。
みなさんと名残惜しく、
次の夏の再会を約束しつつお別れしました。

帰りの電車はそりゃあもうびっくりするほどに爆睡だったさ(笑)。
3時間がはえぇ。

そんで案の定翌日使い物にならず
仕事休んじゃいました(-▽-;)。
ダメな大人だ・・・。

以上聖地オフ会レポでした。
長々とお付き合い、ありがとうございました~~。

**********************

しかし、このぎりまで遊んでしまう性格。
体力限界まで使い切ってしまうのはやばいよね~。
夏コミの時はどうなるかなぁ。
翌日休みたいけど無理っぽいなぁ。
せめて日曜は早めに家に帰るべきでしょうか。
でも日曜ってオリジナルだからそこは買い物に行きたいし。
そうしたら帰りの飛行機は夕方だし。

・・・まぁ、なるようになるか(これがいけないんだが)。

|

« 魅惑の聖地オフ会レポ(その2) | トップページ | つみに »

恋する暴君(レポート)」カテゴリの記事

コメント

かわいいい~、かわいすぎるJUJUNちゃんず(兄系801チャンの集合体)ご一行様。じゅんじゅんさんのレポート面白すぎです。
地下鉄の入り口激写から本物の研究レポートの説明までお受けになって。
しかし森永くん風な子にいるかもしれませんが、「兄さん風」はちょっと難しいですよね。長くてもボサボサとか、長くでもデブとか、長くても短足とか。やっぱ外人ぐらいでないと。さらに正面からみて「これなら許せる」という三次元の生物に生きてるうちにお目にかかる確率なんて...。アア~、だからこその「萌え」なのですね。
7月号買っちゃいました。エプロン姿に思わず背中のチャックから森永君が出てきそうになりました。

投稿: くにとちい | 2007年6月18日 (月) 12:34

くにとちいさん、いらっしゃいませ~。
レポ楽しんでいただけたようで良かったです。
正直、これ読んで楽しいか・・・?と不安だったので(笑)。

森永君ちっくなお兄さんは見られてほくほくでしたが、
兄さんちっくとなると自分の中での判断基準も
途端にものすっごい厳しくなりそうで、
なかなか該当者は出そうにありません(笑)。
っていうか、兄さんは兄さんでしかないんですよ!
兄さんはオンリーワンなんですよっ!!
・・・何を力説してるのか。
まぁ、オンリーワンな兄さんに萌え萌えしてると
そういうことですね。
そら、背中から中身も飛び出すっちゅーねん。

ところでくにとちいさんの中身は
森永君なのですか(笑)?

投稿: じゅんじゅん | 2007年6月18日 (月) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑の聖地オフ会レポ(その2) | トップページ | つみに »