« ひきょうなり | トップページ | 涙腺破壊 »

『きみが恋に溺れるACT.6』CIEL7月号感想

さてさて。
なんかまったりしてしまっていました。
感想いきたいと思います。

速報でも書きましたが、相変わらず先生の漫画は、
萌えがごはっとくるよ。どわっとくるよ。
なんで~こんなに~かわいいのかよ~とか歌いたくなるよ。

では感想~(´▽`)vv
相変わらずネタばれも満載ですので要注意でございますよ。

********************************

今回巻頭カラーなんですが、
見逃しちゃいけない巻頭カラーの前のページ!
次号予告のカラーがあるのです(>▽<)v

前もそうでしたが、
このカラーはおそらく次回表紙に使われるわけではなく、
なんと予告用のもの(のはず)なんですね!
かどかわ。なんてもったいないカラーの使い方を・・・っ!

そんなわけで、このカラーは忘れずに切抜きです。
ファイルへinです。ちょきちょき。
コミックスには入るのかな?裏表紙とかで使われるのかな?
前回そんな感じだったような気がする。

で、表紙に戻って、こちらは見開きバーンとカラー(>▽<)vvv
寝転がっている礼一郎さんに、陣内さんが覆いかぶさっているというか。
とってもきれいなカラーですvv
もちろん礼一郎さんは着流し~vv
この時期ならそろそろ絽のお着物とかなのかしらねvv素敵ねvv

予告カラーもそうなんですが、
溺れるでは、カラーで使われている色がとても日本の色というか、
渋くてきれいな色でまとめられていてすごいですよね。
あと、バックに書かれている葉っぱ(椿とかですか?)が、
すっごいきれいにかかれてますが、これ、主線ないですよね。
こんなところまで上手いなんて先生やっぱりすごい・・・!

昔うちの母が夏になると知り合いにくばるとかゆって、
大きな白いうちわに草花の絵を一発書きで描いていたのを思い出した。
それにおばあちゃん(習字・華道・茶道の先生)が字を入れててね。
うちわもちゃんと書道専門店で買ってくるやつで、
いい風がくるのです。懐かしい。

話それましたが、先生日本画描けそうとか思った。

そんで本編です~(やっとかよ)。

お店で接客をしている礼一郎さん。
慣れてきたのかいい感じに女性にプレゼント用の小物を接客。
そこへ陣内さんが通りかかりますが、
女性客の雰囲気に不穏なものを感じ取ります。
そしたら案の定、購入した品を差出し、
「これ、店長さんになんです!受け取ってください!」と告白!

ぱちくりしている礼一郎さん。
そりゃあびっくりするよね、うんうん。

とか思ったら、
「?」「?」とやたら飛んだあと、びっくりな発言。

いりません。同じの持ってるし。だからオススメしたのに・・・」

相変わらずの超絶天然っぷりキター(笑)!
もう、すごい笑いました。天然かわいすぎ(>▽<)vv
この状態で告白されてることに気づかないなんて(笑)。

さすがの陣内さんも女性客に同情したのか、
「あの断り方はないよ」と忠告。
まぁ、忠告しつつもちゃっかり一緒に飲みに行っての席ですが。
相変わらず一緒にご飯vv一緒に呑みvv
見ていたなら助けてくれればいいのに・・・と礼一郎さんが言うと、
陣内さんは「今付き合っている相手がいるから・・・」とか
そういう断りをちゃんとしてくれるのか期待してみていたようです。

そういうところでちょっと礼一郎さんの気持ちを確認したかったらしい。
やはり天然な恋人を持つと、気持ちがわかりにくいようですね~。
礼一郎さんは、付き合っている自覚はもちろんあると言いますが、
やっぱわかりにくいんだね。
そりゃまぁ確かに初えっちした後にさばさばと仕事してたしね。
その後ちょっと甘かったじゃんとか思うけども。

でもでもね。
このあとちゃっかり陣内さんのおうちに行って、
ちゃんとそれなりにえっちしてるんですよ。

やっぱり、陣内さんちょっとぜいたくなんじゃなかろか。
とか、やはり森永君と比べてしまう(笑)。
同時期の連載が多いからつい比べて浮き彫りにしてしまうわ。

森永君の下僕っぷりを・・・。(←ひどい)

それはちょっと置いといて(←ひどい上に置いとく)、
ここでの礼一郎さん、とってもとってもかわいいんですよ~(´▽`)vv
まだ慣れてないっていうのもあってすごく照れてるし、
なんかいっぱいいっぱいな感じでかんわいいvvv
その上、「陣内・・・」とか言って、
すっごいうっとり気味?ほんわ~とした感じ?で陣内さんを見上げる
その顔がものすっごいものすっごい、

かわいすぎる~(>△<)!!
ぐはっ!ごわっ!どかんっ!!(本閉じて一時避難)

っていうくらいの破壊力!
毎回先生の漫画は読むと1つはこういうシーンがあるんだよね。
これがたまらないんですよ~~(´▽`)vvv

さらに「自覚がなかったらこんなことさせない」とか
ちょっと涙目でうるっとしながら言ったりとか。

やっぱりぜいたくものだよ陣内さんめ~~(´△`)。
こんなにぴゅあで慣れてなくて綺麗なかわいい人を、
自分で恋愛教えれちゃうんだよ~。
これ、ちょっと年齢は大人になっちゃってるけど、
十分ひかるげんじとむらさきのうえ状態じゃね?
(相変わらず礼一郎さんはちっちゃい子扱いのわたし)

あ~かわいいかわいい。たまらん。

そんなこんなで十分あまあまじゃ~んと言うお二人さん。
あ、そういえば普通にベッドでしたね。えち場所。
なんだよ陣内さん、
へんな場所でするのが好きなんじゃなかったのかよ。
(↑激しく誤解した期待)

そんな二人に、日は変わってお仕事中。
どうやら着物の展示会があるようです。
そのために本店から誰かくるらしい。
新キャラ登場っ。
「鬼島さん」というらしいですよ。
かっこいい大人の男の人という感じの人です。
おお、なんだかちょうどいい当て馬の予感。(←失礼な言い方すぎる)

地区の展示会を取り仕切っているとか営業成績もトップだとか。
本店が別にあってそこから来ているそうです。
なんかすごく仕事の出来る人なんですね。

それにしても、以前社長が店長していたとはいえ、
このお店が本店じゃないんですね。
さすがに大きな本店の店長に大卒1年目の子は使えないか。
とはいえ前社長がいたくらいだから、古い店舗なんでしょうね。
そして「本店」とか「この地区」とかいう言葉から察するに、
藤乃屋ってかなり大手の着物のお店のようですね~。
そんなところの社長令息か。
やはり超ぼっちゃんなんだな、礼一郎さん。

で、話を戻して鬼島さんです。
どうやら陣内さんよりも2つ上で、
陣内さんの新人研修をしてくれた先輩らしい。
陣内さんのことを「かわいい」とかゆっちゃってるんですよ。
鬼島さんのことを陣内さんは「おっさん」とか言ってるし。

そんな二人を見て礼一郎さんは「仲が悪いのか?」と考えますが、
あれは仲がいいんですよ~と女性社員さんに教えてもらいます。
きっと礼一郎さんにはああいうずばずば言い合う友達って
今までいなかったんでしょうねぇ。

鬼島さんのお仕事ぶりはさすがのさすがのようで、
礼一郎さんは説明もわかりやすいと好印象だったようです。

が、鬼島さんもやはり礼一郎さんに好印象。
陣内さん相手に「キレイな男だな」と興味津々の態度で雑談。
本店の女子社員にも人気と聞いて、
陣内さんは超ど天然でダメダメだった入社時代を語りますが、
鬼島さんに「顔だけ店長。結構じゃないか」と言われると
やはりムッとしてついフォローしてしまう(笑)。
最近はがんばってるぞとかなんとか。
自分でけなしといてついフォローなんて、
陣内さんかわいいな(笑)。

そしたらなんだか
鬼島さんがさらに興味を持ってしまった・・・よう?
ちょっとあせる陣内さん。
なんだか、いやな予感・・・?はわわ。

そして、帰り道。
なんだかあせってしまっているのか陣内さんは、
礼一郎さんの部屋に行きたいと話しています。
どうやら断り続けているみたいです。
まぁ、実家だしさ。ホモだしさ(ここ気にしてないかもだけど)。
社長もいるわけだしさ・・・。
そりゃちょっと呼びにくいよね。
しかも道場で初えっちという前科もあるわけで・・・。

「セックスもしないし、キスもしない、
 なーんもしないで泊まらないで帰るだけでもだめか?」
とつめよる陣内さん。

しつこい陣内さんに礼一郎さんもちょっと困り顔。
「さすがにちょっと聞き分けがなさすぎたか・・・」と考え、
陣内さん、ようやく食い下りました。
「大丈夫、怒ってないから」とか礼一郎さんが言っていて、

あんたらどっちが年上なんだよ(´▽`)とか思っちゃう。

ていうか、やはり攻はわんこなんだな。
年上だけどわんこってかわいいですね。
年下でわんこは当然なんだけど、年上でわんことはこれいかに。
しかも飼い主(この場合礼一郎さん)は超ど天然。
教える立場だけどわんこ。
教わる立場だけど飼い主。
うーん、深い。(いや、別に深くはないかもだけど・・・)

まぁまぁそういう感じで聞き分けて、
軽くちゅってキスだけして
今日はそれぞれのおうちへと帰る二人です。

が、家政婦は見た!

もとい。
鬼島さんは見た!
そうです、なんと駐車場の車の中で鬼島さんが見ていたのです!
そしてここで、続く次号!!
つぎは7月30日なわけでございます。

********************************

おおお。
鬼島さんがどうでるのかとても楽しみですよ。
どっちに脅迫なりなんなりをかけに行くのかっ!

思い起こすのは、暴君3巻の「磯貝さんは見た」ですよね。
あの時は磯貝さんは脅迫ネタを使って兄さんで遊んでましたが、
(あくまでもこの場合「と」ではなく「で」です)
鬼島さんの場合まだ性格も読めませんし、
どういう行動に出るつもりなのかとても気になりますねっ。

雑談中も礼一郎さんにも興味津々ではあったけどさ、
どっちかというと礼一郎さんをけなしたりフォローしたりしている
陣内さんの様子に興味津々な感じだったような気がするのよね。
新人時代から知っていて、
とても仲の良い後輩でもあるわけだし。

なんか鬼島×陣内でもいいかm・・・

・・・はっ、ダメダメ(゜△゜)!
だって、そんなことになったら礼一郎さんがかわいそうだもの!
でも陣内さんて子供っぽい大人だと思ってたけど、
鬼島さんとのやりとりでさらにかわいさうp!って感じですねぇ。
かわいい攻は好きですよ(´▽`)v

しかしなんだろな、
この余裕な感じの次回待ち状態。
きっとバレンタインCDでの二人の激あまっぷりを聞いているから?
(「激」と打とうとしたら「劇」と出ました。
 「劇薬」の「劇」ね。
 「劇あま」だと兄さんっぽいな(笑))
あのらぶらぶになる過程となる事件がこれなのかしら?
とか思うとさ。
礼一郎さんがこれでどんな表情を見せてくれるのか、
とてもとても楽しみなわけですね(´▽`)。
CDの音で聞くあまあまもいいけど、やっぱり絵があるといいvv

えっと、全5回だから・・・
7/30、9/30、11/30、1/30。
おわっ、年越えるのか(゜△゜)。そうかそうか。
でも多分暴君終わったらこれが心の糧だから。
じっくりのんびりと続きを楽しみにしていたいと思います。

|

« ひきょうなり | トップページ | 涙腺破壊 »

高永ひなこさん(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひきょうなり | トップページ | 涙腺破壊 »