« 夏コミ | トップページ | ついに »

『恋する暴君』第5章plan.2感想(その2)

ねむぃ…。
本日既に眠いです。眠いのはいいことだ。
でもちょっとだけでも…。

感想その2。
カナダの巴さんからの中継です(だから違うって)。

渡米前は自分が足を伸ばせば巴くんにも会いにいける、
とか言ってましたが結局向こうから
カナダまで来てもらったようです。

電話の向こうでなく出演は暴君で初!ですね。
元のチャレシリーズ主役だった巴くんです。
ちょっと巴くんも大人っぽくなりましたねー。
可愛さはそのままです。

久しぶり(作品中の時間軸で行くと半年ぶりくらい?)の兄弟再会。
なごやかに久しぶり〜とか巴くんもゆってて、
兄弟の仲の良さが出てますねvv
可愛いな。

やってきた巴くんに、兄さんは『ひとりか?』と聞きます。
もちろん黒川さんのことをゆってるわけですが、
あの超絶へたれな黒川さんがわざわざ兄さんに会いに来るわけはなく。
きっと巴くんが来るのもすごい反対したんでしょうねー。
目に浮かぶ(笑)。

『ぼこぼこにされるの分かってて来るわけないでしょ』
という巴くん。
そんな弟に兄さんいやみの応酬。
『お義兄様にひとことぐらい
 あいさつあるかナーと思ったがナー』
とか、
『勝手にご結婚なさったそうで
 おめでとうございます』
とか言っちゃいます。

…。

…。あれ?あれれ?
兄さんそれだけ?
勝手にホモと渡米した挙句結婚までしちゃったのに、
そんなかわいらしいいやみの一言二言だけ!?
びっくりだよ。
チャレの頃の兄さんなら、
確実に巴くん連れてそのまま日本に帰ってるよ。
もしくは黒川さんの命をうばいにアメリカへ行ってる!
はー、ほんとに変わったのね兄さん…。

そんな兄さんと巴くんは、
二人でカフェでなにやらつまみつつ、
久しぶりの兄弟の会話など始めました。

読者も同居に浮かれてうっかり忘れがちですが、
(まぁ私がってことですが)
巽家は火事の被害にあったんでした。
しかもストーカーによる悪質なもの。
巴くんが心配しないわけがありません。
plan1でもずっと電話で戻ると言ってたみたいだし。
さすがの黒川さんもそこは止めんだろう。
いざと言う時の磯貝さんもいるわけだし。
(どのくらい兄さんに効果があるかは信用しきってなさげですが。
 効果絶大なんだよ?実は(笑))

かなこちゃんだって巴くんにとっても可愛い妹ですものね。
そりゃ元気な顔を確認したいでしょう。

でも兄さんは『かなこなら松田さんとこだし、
 前よりかえって安全なくらいだ』
だから心配しなくていいぞとか言っちゃいます。

すると巴くん『それなら兄さんも松田さんちで
 お世話になれば良かったのに』と言い出しました。

あーそうだけど、ほら…。

兄さん、大学からも遠いし…とか、
いい年していつまでも親戚に頼ってられないだろとか言います。

うん、そのへんもあるけど、やっぱりほら…。

あ、ところで松田さんて親戚だったんですね。
近所のなくなったママンと仲の良かった奥さんとか、
そんな感じかと思ってました。
親戚なるほど。
巽家との親密っぷりも納得ですね。
パパンかママンの兄弟姉妹とか、
その奥さんとかかしら。
ふむふむ。

あ、まぁそれは置いといてー、兄さん短期独立の理由ですよ。
まあやっぱり森永くんもいるからさ…

と、巴くん
『兄さんて僕やかなこの世話で走り回ってたイメージだから』

あ、やっぱり弟妹が小さい頃は兄さんがいろいろ世話してたんだ。
最近ではどっちかっつーとかなこちゃんに世話されてるから(笑)。
どんだけ厳しくても巴くんにとってはいいお兄ちゃんなんですよねvv

…と、ここまでゆうべ書いて寝落ちしました。(またか)
とりあえずここまでであげとこ。
なんか毎回すんどめ。
2ページずつしか進んでないよ…。

|

« 夏コミ | トップページ | ついに »

恋する暴君(感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏コミ | トップページ | ついに »