« 余談だが・・・ | トップページ | BGM »

『恋する暴君』第5章plan.2感想(その4)

そんなわけで感想続き。
かめのあゆみで申し訳ない。
開き直ってすべてのつっこみを書くからこんなことに・・・。

自重しないままに続きれっつごー。

兄さん、研究室からのスタートです。
カナダへ兄さんを呼び寄せた先輩登場。近藤さんというらしい。
あ、わりといいおじさんっぽい。
普通にいい奥さんとお子さんがいそうな感じの人です。
当て馬登場じゃなかったのか。
ほっとしたようながっかりしたような?

まぁ、兄さんの身の危険が減ったことはいいことです。

もう慣れたかい?と声をかける近藤さんに、
おかげさまでなんとかとか返す兄さん。

ところで、兄さんの背の高さに萌える。

普段、兄さんよりもさらに背の高い森永くんが
いつでもどこでも常に毎日どこへ行くにも(しつこい)一緒なので
すっかり忘れがちでしたが、
そういえば兄さんて十分身長あったのでした。
すらりと高身長でかっこいいねぇ(´▽`)vvv
隣の研究仲間らしき外国人女性はもちろん、
近藤さんと比べても兄さんが一番背が高いのですよ。

はぁ、かっこいいvv

あと、研究仲間が当然ですが外国人ということは、
兄さんは普通にごくスマートに英語で会話してるわけでですねっ!

そらもうデラ萌えるっつーか禿げ萌えるっつーか、
頭いいのね兄さん・・・vv
ドイツ語妄想した時も萌えたけど、
リアルに(いや漫画だが原作でって意味で)英語堪能兄さん萌えvvv

脱線しすぎ。

で、近藤さん。
兄さんの歓迎会をしてくれるそうです。
おかまいなくというものの、今夜だからね~と近藤さん。
「まぁ、これもつきあいか」としぶしぶ顔の兄さん。

おお。

兄さんが社交性を・・・!
あったのか、社交性(←失礼)。

うそです。
兄さんは一部のホモと迷惑者に対して以外は常識人だもの。
年上には敬意をもって接しそうだものね(´▽`)v
ほも助教授にだって、押し倒されるまではちゃんと敬語だったし。
まぁ、ホモで卑怯者だとわかればぶっさしていたが。
近藤さんはきっとふつうのちゃんとした人なのであろう。

兄さん、自分から仲良くしようとかはしなさそうだけど、
そこらへんの一般的な付き合いはしそうっていうか。
・・・うーんでも学生同士の飲み会とかはいかなさそう?
あ、でもチャレ4巻ではゼミの飲み会に参加してたよな。
(その後泥酔。送りオオカミ森永君に寝込みを襲われる(ちゅーどまり))
普段が無愛想だし余計な世間話とかしなさそうだから、
学生同士の飲み会には誘われないのでしょうかね。
そのことを気にするかんじでもないし。

おかげで森永くんはひとりじめできたわけだし。

もくもくと研究する姿は年上の教授とか先生とか先輩からは
まじめな生徒っぽく見えるのかな。

そして飲み会へ参加する兄さん。
研究仲間とテーブルをかこんで会話しております。
全会話英語だと思うとまた萌え(´▽`)。

で、さっきふと思ったんだが。

兄さんの右隣の人は髪型から近藤さんかと思ってましたが、
よく見ると服も違うしなんか若い。
そして左隣は赤毛っぽいやや長髪の外人男性。
誕生日席に人も服が違うから近藤さんではない。別の男性。
みんなにこにこと楽しく兄さん見ながら会話。

え、総う・・・(がっ、ぼこ!どかっ!!)

失礼しました。
研究者同士の飲み会だから女性少ないの当然なのだが、
画面端のロングの女性と、
さっき会話してたショートの女性がいるはずなのに
両隣をキープされてるのってなんかつい・・・。
主賓の横て普通女性置かないか?
わ~、やっぱり全員兄さんねらi・・・(いいかげんにしとけ)。

きっと会話は研究に関することとかなんとかなんでしょうね。
そんな感じで飲みつつ、店内の雰囲気に違和感を感じる兄さん。
でもなにがおかしいのかはよくわかりません。

店内では仲よさげに手を握り会話する男性同士と、
体を密着させている女性同士。

あー・・・(にやにや)。

すると、なんか見知らぬ外人男性が、
「ハーイ、このへんはよく来るの?」と声をかけてきました。
兄さんびっくり。
が、兄さんが口を出す暇もないままに近藤さんが、
「彼は違うよ。僕らの連れだし」とお断りを。
兄さんなにがなんだかわからないまま???な様子。
声をかけてきた彼はあっさりと「オー、ソーリー」と行ってしまいました。

こここ・・・これって(゜△゜)!!
あわあわな読者をよそにどうやら飲み会は無事終了したようです。
兄さん、近藤さんと一緒に帰りつつごちそうさまでしたとか会話。
近藤さんほんといい人っぽいな。安心なおじさんぽいよ。
会話を続けようとしていると・・・

なんと目の前で男性同士が路ちゅーをっ!!
兄さんびっくり!
しかも私気づいてなくてチャットで教えてもらいましたが、
この二人さっきお店で手握り合ってた人たちですね。
べったべたやなあんたら(´▽`)。

ま、そりゃおいといていきなりホモの堂々路ちゅーを目撃の兄さん。
あいつら堂々となにを・・・っ!!
と驚愕です。そりゃびっくりするよね。
すると近藤さん。
気にしない気にしない~、このへん多いからねとさらり。

なんとっ!
カナダ同性婚がOKであり、移住者も増えているそうです!

兄さん驚愕っ(笑)。

サンフランシスコだけでなくカナダ全域までも毒されてるとはっ。
「アメリカ大陸・・・なんというアウェー!」
という兄さんの独白にこっちは爆笑ですが(>▽<)v
アウェーって(笑)。
敵地かよ(´▽`)ノ。
まぁ、グリーンカード取得してとかなんとか言ってたくらいだから。
目の前のホモップルを殴りに行かんだけ兄さんえらかった!

しかしそんなショック受けてる兄さんに、
さらに残念なお知らせ。

「ナンパされてもさっきみたいに断れば大丈夫だから」
と、近藤さん。
え?ナンパ?
兄さん蒼白なままに聞き返します。
おーーー、さっきのナンパに気づいてなかったようです(笑)!!

兄さんホモにナンパされていたという事実に、
ショックのあまりその場にへたりこみます。

あああ。

あ、でももう森永君にやられちゃってるわけだし、
実はナンパくらいどってことないでしょ(´▽`)ノポンッ。
森永君の別格ぶりにちょっとにやってしてみたりする。
森永くんには自分から誘ったくせに、
他のホモからのナンパは許さんと。

貞淑っぷりに萌え(違)。

いや、ほんと兄さんは一度森永くんとのあれこれ進みっぷりを
ちゃんと一回省みてみるべきだよね。
まぁ、省みたら答えがホモまっしぐらだから
わざと考えないようにしているんだろうけどさ(´▽`)。
まぁその往生際の悪さがやっぱり萌えるんだけどさ(´▽`)vvv

そんなわけですっかりショックが重なりお疲れ兄さん。
寮に戻ってPCを開くと森永くんからのメールが来ていました。
まめな森永くんは毎日研究の進行状況を報告しているようです。
そして文末には必ず、
会いたいですとか早く帰ってきてくださいとかつけてるようです。
もちろんむしろ研究報告がついでなのは言うまでもないが(笑)。
兄さんは単にまめだなあいつとか思ってます。
でも文末の毎回ついてくるそれには微妙に反応。

早く帰れっつったって、2ヶ月は伸びも縮みもしないっつーの
とかソファーに座りつつ言ってます。

とりあえず伸びはしないんだな。
良かったね、森永くん(´▽`)。(ちっとも良くない)

さすがに今日はいろいろ(最後に)あったせいか、
兄さんもちょっと日本に帰りたくなったようです。
「あと1ヶ月ちょっとか・・・」とソファにもたれてぐったり。
そしてなんかちょっと考えてる風。

「・・・」

いま!
いま絶対森永君のことを考えていたよねッ(>▽<)!!
ちょっと会いたいな~とか思ってたよね!!

ああああ、かわいすぎるっ!!
そんな自分の考えを打ち消すように、
風呂入ってさっさと寝よとシャワー浴びにいっちゃいます。

あああ、ほんと兄さん・・・!
じわりじわりと森永くんが浸透していってるよね(´△`)vv
愛しいvvv

あ、ちっちゃいこまですが、
兄さんシャワーシーンは後ろ姿です~。
微妙に湯気で目隠しされているあたり、
先生、どんだけちら見せテクニシャンですかとか思いましたが。
湯気とか、余計えろいです。

しかし本当のエロタイムはここからだった・・・。

とか言いつつ、
もっかい切る。
親帰って来たなりよ~(´△`)。
続きは深夜枠で。
わたしもたいがいちら見せで申し訳ない。

|

« 余談だが・・・ | トップページ | BGM »

恋する暴君(感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余談だが・・・ | トップページ | BGM »