« 思い出し叫び | トップページ | お礼(´▽`)vv »

『恋する暴君』第5章plan.4感想(その1)

こんばんわ。
ゆうべは久しぶりに4時近くまでチャットしてました。
楽しかった~。
そしてやっぱり読み方というか人それぞれで捉え方って違うね
とかしみじみ思ってみたり。
悪い意味じゃなくて、このシーンをこんな風に解釈してたのかぁ
というのがいろんな意見聞けてとても楽しかったです。

とりあえずあまり親が帰ってくるまで時間もないですが、
暴君感想ちょっといっとこうかと思います~。
ひさびさに超長文感想ですっ!

本編の森永君同様、リアルに2ヶ月待たされるはめになった、
待望の5章最終話です~(´▽`)vvv

(結局また最後までいかずにわけてます、すいません)

GUSH表紙から語っときたいですが・・・
あ、手元にない。

じゃあ脳内記憶で(気持ち悪いよ)。

今回も早めに先生のHPでUPされていたのですが、
本屋でGUSH見て、
やはり印刷されてるものはいいな(´▽`)と思いました。
色味がHPで見たのよりもちょっと落ち着いた感じで、
GUSHの印刷された色みのがすきかな~。

日本の印刷技術ってすばらしい!
と本屋で妙なことに感動してました。

バックの紅葉はてっきり単に背景かと思いましたが、
兄さんの顔に紅葉がひっかかってたり、
体とか頭とかにのっかてるところを見ると
どうやら兄さん紅葉の絨毯の上に寝転がっている模様。
二人とも白衣着てるし、大学の構内でしょうか?
緑多かったし、秋にはこういう綺麗な紅葉も見られるのかも(´▽`)。
うたたねしていた兄さんに積もった紅葉を、
森永君がおこさないように丁寧にとってあげてたら
兄さん起きちゃったみたいな感じなのでしょうか。

なんか「おだやかな時間」って感じしませんか~?
もう、らぶいなぁらぶいなぁ。
兄さんのこのちょっと寝起きっぽいけだるげな表情と、
森永君のいとおしげな表情がたまりません。

(脳内記憶です)

割と表紙のカラーだと今まで兄さんて明るめのシャツ着てましたが、
バックの紅葉を生かすためか、白いシャツなんですよね。
森永君も落ち着いた色のカットソー着てるし。
ここらへんの色づかいもさすが先生~vv神~vv

じゃあ、いよいよ本編です~。
こっちは手元に持ってきてるぞ☆
すでに萌え叫びは書いておりますが改めて。

今回は扉カットはなく、
本編が1枚目から始まります~。
たて2分割したコマに、
左に兄さんが風呂から上がってくるのを待ってる森永君。
右にシャワー(水)をあびている兄さん。

そして真ん中に
「お互い 今目の前にいない相手のことで 
 めいっぱい 気をとられている」
と書かれています。

めいっぱいってのがなんかいいな(´▽`)。
お互いがお互いのこと考えてぐるぐるしてて可愛いvvv

で、ページをめくるとまずは森永君サイドの様子から。

いつもはカラスの行水な兄さんが遅いのでそわそわ。
でも長風呂くらいで声かけるのもがっついてるか?
でも実際今俺がっついてるし・・・とぐるぐる。
そもそもいつもの兄さんならこの意味ありげな行動も
すかっと肩透かしな可能性だって十分ありうるわけで・・・
と、今度はネガティブ。
でもさすがに遅すぎないか?とか思いはじめます。

森永君がぐるぐるしてるのって大好きですvv
兄さんが好きすぎてぐるぐるするのはいいことだvv

ところで今回の森永君の黒長袖Tシャツ、
すげえシンプルでかっこいいですね(´▽`)。
実は1枚目からなんか大人っぽい!!とどきどきでした。
森永君の私服というとトレーナーとかパーカーとか
そんな可愛いのも大好きなのですが。
彼も院生1年ってことは23歳なわけで~。
今回は特に教授にくっついての学会だから余計なのかな?

そんなところまで妄想する自分の気持ち悪さよ。

ま、私の気持ち悪いのはいまさらなので置いといて。
いよいよ兄さんサイドです(>▽<)vv

森永君の様子からするとかなり長い間シャワー中の兄さん。
ようやくちょっと落ち着いてきたけど、
でもまだちょっと・・・みたいな感じのようです。

そりゃ自然におさまるの待ってたら
水あびてるとはいえ時間もかかるだろうよ(´▽`)。
で、水なんて長時間浴びてるもんだから
どんどこ寒くなってきたようです。
風邪ひいちゃうよ~(´△`)。
早く出ようよ~~(違う期待をこめて)。

と、そこへついに森永君が外から声をかけてきました!
キタッ!!

風呂場なだれこみですかっ(゜△゜)!?←期待しすぎ

森永君、兄さんが寝てるのではないかと心配になったようです。
「いつもは先輩シャワーくらいで早いのに・・・」
と声をかけてきます。
兄さんお風呂好きかと思ってたけど、シャワーのみなんだ。
湯船につかってゆっくりとかはあまりしないんでしょうかね。

で、まだ外に出られる状態ではなかった兄さん。
思わぬ森永君の突撃に逆切れぎみ。

「相変わらずどーでもいいことまでキオクしている男だなっ・・・」
なんて。
兄さん。森永君にとって兄さんのことはすべてが
とっても重要なことなのですよ~。
風呂の時間だって記憶しますよ~。
愛ゆえですよ~。

「人のフロのクセまでおぼえてんじゃねーよ、
 きもちわるいっっ」

気持ちわるかったですか(爆笑)。

きもちわるいとかいっちゃうあたり兄さんらしくて笑った(´▽`)。
ちょっと愛ゆえでもダメですか。
まぁまぁ、風呂の時間覚えるくらいは同居人としても仕方ないかと。

風呂くらいゆっくり入らせろ!と遠ざけようとしたのに、
既に冷えてしまってた兄さん。
くしゃみとかしちゃいました。
くしゃみ可愛い。くしゃみすら可愛い(´▽`)vvv←病気だな自分

森永君、そこでなんかお湯使ってる感じがしないことに気づいた!
浴室のドアがひんやりしています。
心配になってあわてて浴室に乗り込んでこようとしだしました。
兄さんぴーんちっ!

で、このやろおおとか思いつつ、
腰にタオルだけ巻いて自分から出てきました。
「うるさい!なんでもない!!」と怒鳴って、
森永君にぶつかってどたどたといってしまいます。

受の歩く表現として「どたどた」が使われてるのに
ちょっとときめいてみた(笑)。
兄さんさすがです(´▽`)。

腰にタオルだけ巻いてるのがあやうい~~。
へそ~へそ~へそ~(>△<)vvv
腰にタオルだけなんて、もうないも同然じゃないか。
あ、そんなわけで前の萌え叫びで
「兄さんほぼ全裸」って感想書いたけど、
私の中で腰タオルも全裸にカウントされてました。
期待した方がいらしたらお詫び申し上げます。

でも腰タオルってやっぱりもうないも同然じゃん(´▽`)。
こんな格好で森永君の前に出てくるってのも
相変わらず警戒してるんだか、してないんだか。
今回の場合は仕方ないけどさ。

あ、そんで話を元にもどしまして。
ぶつかった拍子に兄さんの体が冷たいことに気づいた森永君。
なんで水風呂なんか・・・・。
と、ここでふと気づいてしまったようですvv
きたきた~~(>▽<)vv

さてどたどた(笑)と移動した兄さん。
クロゼットの前で着替えを探し中。
しかし、
着替えを発見する前に森永君が追いついてしまいました。

勝手に入ってくんなよ!と威嚇するも、
「水なんか浴びて、気になるでしょ」と心配げな森永君。
心配そうな顔してますけど、でもこれって理由わかってるんだよね?
ちょっとなにげに黒いわよ、森永君たら~vv
あんた役者になれるよ~。

「べ、べつに 俺の勝手だろ・・・」とひるむ兄さん。
ちょっぴり前かがみな気がします(´▽`)vv

前かがみな兄さんなんて、
もうすげぇにやにやしちゃうんですけど、
どうしたらいいですかねっ!!

(あ、すいませんほっといてくれていいです)

****************

あぁ、親帰ってきちゃった(´△`)。
すいません続きは今晩か月曜以降に~。
っていうかここまでで7ページしか進んでませんがっ。
相変わらず文字数の多すぎる感想で申し訳ないです。

|

« 思い出し叫び | トップページ | お礼(´▽`)vv »

恋する暴君(感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出し叫び | トップページ | お礼(´▽`)vv »