« 6章最終回…じゃない、だと? | トップページ | まだ今月号は未読ですよ »

GUSH11月号 『恋する暴君』第6章plan4 感想 その3

連載延長いえっふー(´▽`)!

テンションの高いじゅんじゅんです、こんばんわ。
あと10時間後には6章の第5話を読めます。
まだ終わらない。まだまだ終わらない。

いえっふー

ゲンキンにもなんだかテンションが上がってきたので、
感想の続きいってみようと思います。
書き切れるかな~。
とりあえず目薬おk。眼鏡装着おk。よし。

えっと、続きは…二人の新居をみんなで偵察!の到着後ですね。

いってみよー。

**************************

さて。アパートに到着しました。
森永くんが頑張って探した新居はなかなか皆さんにも好評。
宗仁さん、さっそく兄さんのお部屋を見てみたり。

男二人なのに結構綺麗なお部屋は、
森永くんが掃除しているから。

冷蔵庫の中には下ごしらえ済の大量の食糧。

更にシャツにも綺麗にアイロンがっ!

すべて森永くんがしているにも関わらず、
皆が驚くたびに謙虚な返答をする森永くんに
「天使降臨…!!」と感動する一同(父・巴君・磯貝さん)。
そしてかなこちゃんはなんだか鼻高々っぽい顔vv
森永くんの背中には連載初?ついに羽根が生えました(笑)。

ところで、宗仁さんが綺麗にしてるなぁ
と言いつつ覗きこんだ部屋はおそらく兄さんの部屋です。
・・・あれ、兄さんの部屋は立ち入り禁止じゃないんですか?
自分の部屋くらいは荷物も少ない(だろう)から自分で掃除?
でも兄さんは2カ月カナダに行ってて、
今久しぶりに二人のおうちに帰ってきたはずです。

じゃあ留守中森永くんが部屋に入って掃除を?
あ、それともお昼間の掃除の時の出入りはOKなのかな。
掃除はいいけど、夜はだめ とか兄さんひどい(笑)。
2か月の留守中ほこりが溜まらないように、
帰ってきたら綺麗なシーツで寝られるようにと
きっと森永くんは一生懸命掃除してたんでしょうね。

「お前、留守中変なことしてないだろうな」なんて
そんなこと考えてませんよ(笑)。

バレたらころされるよね~(´▽`)←やった前提で話すな

真実は闇の中(笑)

冷蔵庫チェックしてる巴くん主夫だなぁとか一瞬思ったけど、
よく考えたら主夫は黒川さんだった。

シャツにもアイロンが!!は誰だろうと思ったけど、
次のコマでびっくりしてるのが磯貝さんだから、磯貝さん?
サラリーマンにとって、シャツのアイロン掛けは強敵ですよね。
うちの親は形状記憶とかのシャツ買ってたよ。
でもあれポリエステル多めであまり肌さわりはよくないんだ。
兄さんはやっぱり綿100%の肌に優しいシャツがいいよね~。

…なんてこんなところまで書いてるから、
友人にあんなことを言われるわけですが。
浮かんだ妄想はやはり垂れ流しておかないと。せっかくだから。

*****

話を戻して、天使のような完璧主夫森永くんを知り、
宗仁さん深くため息つきつつ「宗くん何もしてないね」
と、断定発言。このへんさすがお父さん良く分かってる☆
ここのため息ついてるギャグ顔の宗仁さん可愛いですvv
もちろん焦ってる兄さんも可愛いvv
このそっくりおやこ可愛いvv

もちろん大当たりで兄さん慌てて
「何も言わなくても森永が勝手にーー!」と叫んでます。
森永くんも俺が好きで勝手にやってることだから、
先輩を責めないで…なんてフォロー。
うぅ、なんていい子だ。

宗仁さん、かなこちゃん、磯貝さんが
森永くんの白いオーラにまぶしがってますが、読者もまぶしい。

磯貝さんは兄さんに「良かったなぁステキな伴侶が見つかって!」
なんて言って肩たたいたりしてます。
磯貝さんしか出来ないな、こんなこと兄さんに(笑)。
「もう彼にとつげばいいじゃん」とか!!
ていうかここまで主夫っぷり見せててもとつぐのは兄さんなんだ!

兄さんが!森永くんに!とつぐ!!んですね!
おk(´▽`)b

さらっと磯貝さん二人の真実の関係を暴露してんなぁ(笑)。
兄さんも「変な言い方すんな!」とか怒ってます。そりゃそうだ。
そして鍋の食材も余っているし…と、
森永くんがみなさんを夕飯にご招待。
喜ぶ一同。
取り残される兄さん。
うーんデジャヴ(笑)。
またもや外堀から埋められて行ってます、兄さん。

前回も外堀から埋められてましたが、
今度は堀の周りに水路でも作られたか、外堀高くなったか。
なんにしろ人数も増えて親も混じってランクアップ外堀!ですね。

かなこちゃんはうきうきと松田さんにお電話。
お泊り決定のようです。
翌日は学校だから荷物取りに帰ってきなさいね~だって。
ん?N大近くのはずですよね。
かなこちゃん、朝すごい早起きしなきゃいけないね。
まぁ、森永くんが起こしてくれるか。いいなぁ。

*****

で、あっという間に鍋も完食したようです。
食卓にはビールも出てますよ。
ていうかビールも買い置きしてたんでしょうね。
森永くん、至れり尽くせりすぎる。
ちゃんと発泡酒じゃないビールなんだろうなぁ。

宗仁さんはにこにこしながら、
森永くんはマメなだけじゃなくて料理もうまいなぁとほめてます。
ここでも鍋なんて誰がやってもそこそこ美味くなりますよ、
なんて謙虚な姿勢。なんつー完璧な嫁(笑)。

そのコマのはしっこでビール飲んでうらめしげな兄さん。
メシどこじゃなかったようです(笑)。
もう森永くんが褒められるたびに複雑な気分で、
あんまり鍋の味もしなかったんでしょうねぇ(^^;)。
この鍋はそもそも兄さんの為に用意されたのになぁ。
ぜひ次は二人で鍋をつついてまったりして欲しいですね。

まぁとにかく、
とてつもなく宗仁さんからの好感度のあがった森永くん。
宗仁さんもほろ酔いつつ、森永くんはいいやつだと言ってます。
かなこちゃんがこのままでいいというのも納得。

そんなお父さんにあきれつつ「じゃあ家はどうすんだよ」
と、抵抗というか言い訳というかをする兄さん。

ぼそっと「いいヤツだけどさ…」って言ってるのが可愛い!!
兄さんが森永くんをいいヤツだと言ってるだけで、
なんだかすごい嬉しくなるなぁ。
最近の兄さんはあんまりそういうこと口にしませんもんね。
あれ、ていうかしたことあったっけ?
1巻とかの女生徒が好意持ってるんじゃないのか
とかのあたりで口にしたような?・・・あ、してないや(確認)。
あれ?なかったのか。・・・な?
うーん、情報求む(笑)。

初だとしたらちょっと感慨深いですねvv
兄さんが森永くんに好意持ってるのは当然なんだけど、
なんか言葉で言われると嬉しいですよね~。
好きとかどうとかはまだ言ってくれないけどね(笑)。

*****

あ、また話それたよ(笑)。

で、好感度ばっちり森永くんはいいヤツ!という会話から、
そのままおうちは保留?の流れになりそうなところを、
兄さん反論。
普段はいいとして巴やかなこやオヤジが帰ってきた時はどこに…
とお父さんを説得?しようとしています。

大学の近くに巽家を新築したらいいんじゃないかな
とか言ってみる(笑)。

もちろん森永くんの部屋も作るんだ。
本格的に戸籍入りだ!!正月は皆そこに帰ってくるんだ!
客間ひとつかふたつ用意してたらなんとかなるんじゃね?
あ~妄想ですけどね~~。夢かな・・・(笑)。

で兄さんが説得を開始する中、当のお父様就寝(笑)。

一瞬のスキに夢の中です。
体力勝負の研究家はどこでも寝れるんでしょうね!さすが!
そういえば皆あんまり昨日寝てないもんね~と皆お休みモード。
お酒入ったら急に来たね~と巴くんも言ってます。
ていうかお酒飲めたんだ(・△・)びっくり。
意外とザルだったりしたらかっこいいです(笑)。

そのまま全員お泊りな雰囲気に
「うちには松田さんちよりずっと布団もスペースもないぞ!」
とそこらで勝手に寝ろよ!と怒鳴っています。

・・・「うち」だって~~(´▽`)にやにやにやにや。
あ、すいませんここ拾わずにいられなくて(笑)
「ただいま…っと」発言といい、
兄さんが我が家として認めているのはとてもにやにやしますよね。

かなこちゃんはソファで。
他は雑魚寝のようです。
森永くん、
毛布くらいならあったはず~と用意してくれるようですよ。
いや、ほんといい嫁だなぁ。

*****

そして場面変わって兄さん風呂上がりのようです。
自宅でゆっくりお風呂は落ち着いたでしょうね~。
まぁ、現状として落ち着けないでしょうけど(笑)。

風呂使うやつは…と声をかけますが、
既に全員ぐっすりと寝てしまっているようです。
森永君が、昨日の寝不足が効いてたみたいですね~
と言いつつ洗い物してます。
お前は平気なのかよという兄さんにこれが終わったら…と。
と、兄さん手伝ってくれるようです。
「あれ、気にしてます?」なんて森永くん言いつつ嬉しそう。
お皿ふきしてくれるようです。
実家では後片付け係だったようですし、慣れたもんですね。
ていうか4巻の逆ですね~(´▽`)vv

洗い物しつつ、お皿拭きつつ、おしゃべり。
かわいい(>△<)vvv

結局現状維持?という森永くんに、
さあ・・・それはまだ・・・と兄さん。
あくまでも最終決定はやっぱりお父さんなんですね。

先輩は反対なんですか?と聞かれ、
兄さん反対ってわけじゃないけど、
今それぞれみんな仮住まいみたいなもんだから落ち着かない
と言います。
仮住まい…と言われなんだかため息の森永くん。
兄さんは仮住まいでも元から一人暮らしの森永くんは、
仮住まいという意識はないですもんね。
出来れば兄さんにもそうであってほしいと思ってます。

みんな仮住まいって巴くんも入ってるのかな(笑)。
まぁあそこはさすがにもう入ってないか(^^;

仮住まいと言われため息をつく森永くんに、
兄さん、「昼間黒川と何話してたんだよ」と聞いてきました。
気にしてたんだね、やっぱり(´▽`)。
何か深刻そうに話してただろうと言いますが、
森永くんは見てたことに驚きつつ、
変なことが気になるんですね先輩はなんてちょっとぼかしたり。
何だよ!と怒る兄さん。

ちょっと迷った後
「つらくないのかって聞かれたんですよ」
と森永くんが口を開きました。

つらいって、何が…と兄さんは言いますが、
片想いしてる相手と同居なんてってことですよと森永くん。
黒川さんはオレの気持ちしってますもん、と。
兄さん、考えたこともなかったという感じですね。
「お前…つらいのか…?」と茫然としています。

そんな風に言われた森永くんもびっくり。
「そりゃあるイミつらいでしょう
 大好きな人と暮らしてるのに何もできないんだし」
なんてちょっとヤケのように言ってます。

ここらへんは
兄さん恋愛経験値低すぎて理解出来ないんだろうなぁ。
そもそもつらいのに一緒に暮らしているというのが
もう理解出来ないんだと思う。
同居に反対していた兄さんはともかく、
同居を嬉しがっていた森永くんがつらいって考えてるなんて
ちょっとショックだったんじゃないのかなぁ。
自分といることで森永くんがつらい思いをしているとか。

そんな兄さんに今度は森永くんが聞いてきます。
以前よりも俺のこと警戒してますよね、
オレとの暮らしはストレスですか?
お互いつらいならいっそ…

あああ、そんな別れ話みたいな話いやぁぁぁぁ(´△`)

兄さんちょっとおこった様子で
「オレはつらいなんて言ってねぇだろ!」と反論。
森永くんも
「じゃあ一体どうしたいんです先輩は…!」と言い返します。

そんな問いかけに
「わからん・・・!
 解らんから困ってるんだろうが・・・!」
と兄さん。

びっくりする森永くんに更に兄さん、
「今の暮らし…オレは嫌じゃない…
 嫌じゃないから…困ってる…」
とちょっと照れているような怒っているような?

兄さんの心の中が揺れてる~~。
ああああ葛藤してるんですね、兄さんもいろいろ考えてる。
前よりもずっとずっと森永くんとのこと考えてる~~。

そんな兄さんを追い詰めるように
なんで嫌じゃないのに困るんです?
なんでなのかちゃんと考えて…
と詰め寄ります。

もうちょっと・・・。
もうちょっとで兄さんが答えを見つけそうな。
答えはあるけど。
もう心の中にあるけどわざと蓋をしているような。

兄さんの答えを引っ張り出すように森永くんがキスして、
「わからない?」と聞いてみるも、
顔は赤くなってるのに、まだ兄さんは往生際悪く
「…わからん 解らない…ッ」なんてつっぱねます。

もう、兄さんほとんど解ってるでしょこれ(>△<)!
解ってるけど解りたくないんでしょっ!
認めたくないだけなんでしょっ!!
ああああもう兄さん!!兄さんが!
(こわれてきた)

そんな兄さんに森永くんもじれたのか更に深いキスをします。

本当に 困ったひと

ああ、ほんとうに困った兄さんですよ!
かわいくてしょうがないですよ!
この往生際の悪さというかでもそこが兄さんだよね!
ああもうかわいいなこのやろう!!(こわれた)

深くなるキスに押しのけて抵抗する兄さん。

・・・の顔がどうしようもなくかわいい。
なんだこのかわいい表情。
どうしようオロオロ(゚Д゚;≡;゚д゚)
気持ちよくて困ってる顔してるよオロオロ(゚Д゚;≡;゚д゚)

更に森永くんが服をひろげて行為を進めようとしたその時。

誰かの寝言が。
それで気づく二人。
人がいました。寝てるとはいえ、たくさん。

森永くんちょっと赤い顔が残りつつ、
そうだった…すいません…俺…と謝ろうと兄さんを見ると、
兄さんがパジャマの裾をぎゅっとつかんで…。

ちょ・・・!Σ(゚Д゚;

兄さん、あれで反応しちゃったんですね!!
なんという高感度!!
ていうかあれだけでとか兄さん!兄さんやばい!!
かわいすぎてやばい!!

森永くんもすぐに気付いたようです。

「どうしました・・・?」
なんて聞きつつ、耳元に囁いてうちふとももに手をそえたり。
わざとやってますね、この上級者め!!
焦る兄さんに、
「大丈夫?ごめんね俺…みんながいるの忘れてて…」
なんてあやまってきたかと思ったら耳元にでささやく…。

「みんなが帰るまで ガマンして…」

最強鬼畜ブラックエンジェルキターーー(゚Д゚)!!
ちょ、今までで一番すごくないですかこれ!!
帰るまでって!

帰るまでって何時間ですか!!

しかもこれ兄さんがさかってしまっているということとか
兄さんが森永くんに対して反応しちゃっただとか
そういうことを前提での言葉で。
それを兄さんに言葉責めっていうかしてるわけですよ!

これもしかしてついでに
先輩はオレがしないとイケないでしょ、だから
皆が帰ったらしてあげるからそれまでガマンしてね。

みたいなことも含まれてたらすごいよなぁ
実際そうだから余計に含まれてるような妄想が…。
兄さん自分でうまくイケないし。

あ、まぁ妄想はおいといて、
さすがにこれには兄さんも赤面&焦り&怒り。
バカにすんな!この・・・っとか言って
一人で部屋に入ってしまいました。
部屋でひとりでベッドに倒れ込んで自分の体を抱える兄さん。

「ちがう…そんなんじゃない…ちがう…!」

**************************

で、以下次号ーー!

そして次号は明日ーーー(>▽<)!!

わーい、感想書けたー!
ていうかこれ感想?え、なんだろう妄想?あらすじ?
もうなんだかよくわかりませんがいつもどおりな気もする。
あんまり気にしない。
このまま勢いのままにアップしてしまいます。

兄さん「そんなんじゃない」って言ってるけど、
もうここまできたらほんとにあとちょっとですよね。
でも兄さんがメンタル面でこんな認めるか認めないかとか
そんなところまで行くというのはなんか感動する。

いやよいやよも好きのうちという言葉があるけど、
兄さんは「いやなんじゃー」って言いながら進むのかと。
結局好きだとかそういうの言わないままに、
流されてるようにいやだいやだ言いながら話が続くのかと。
そういう気もしていたので、
兄さんがこんな葛藤しているという時点でなんだかびっくり。

感動?
うーん感動っていうか感動よりもびっくりというか、
嫌なわけではなく混乱する。
あ、まさに兄さんと同じね。
嫌じゃないけど困るんだ。

いや、私はこまってるわけじゃないけど。
いいと思うけどなんだか自分の想像していなかったところへ
どんどん兄さんが進化を遂げていて、
なんだか心臓がついていけてないほどにバクバクする。
きゅ、救心くれーー(゚Д゚)!!

あ、そうか心臓がついていけてないっていうか、

 残り1話→まだえちもしてないしまとめもいる
 →急展開が予想される→心臓持たないかもしれない

というのが苦しかったのかもしれません。
なんかまだ2話あるよと言われたらちょっと楽になりました。

心臓に悪い漫画だなぁ(普通そんなことない)

まぁ、ぐだぐだと先延ばしになった感想を、
待ってくれていた方がいたとしたらありがとうございます。
5話の感想も頑張って早めにあげたいと思います~。
こんな感想でよかったのかなー(笑)。

|

« 6章最終回…じゃない、だと? | トップページ | まだ今月号は未読ですよ »

恋する暴君(感想)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
目の診断結果が朗報でほっとしました。
ただでさえ目を酷使し易い日常とお仕事なので
大事にしてください。

連載が延びる事になったので、明日心置きなく
GUSHが買えますね。
じゅんじゅんさんの感想、私もなめる様に
読んでしまいました♪

磯貝さんの「もう彼にとつげば・・・」の部分には
膝をぽんと打ちました。
なるほど!
磯貝さんさらっと関係性を暴露してる~~。
やっぱりじゅんじゅんさんの感想は着眼点が
ハンパなくていいなぁ(*´∀`)Ω

因みに兄さんは、2巻・学食でとんかつ食べながら
森永君の事いいやつだと言ってます。
2巻でこのセリフを見た時、異様に萌えたので
覚えてました。
2度も言葉に出して言ってるって事は、そうとう
いいやつだと思ってますよね!
同じ事気にしてるのが嬉しくて、ついご報告
してしまいました。

明日はお互いごろごろしまくりましょうね~。

投稿: しづく | 2009年11月 7日 (土) 00:16

こんばんはー
じゅんじゅんさんの感想がやっと
読めて嬉しいです!
でも兄さんの変化に心臓張り裂けそうな
じゅんじゅんさんの気持ちもすごく
わかります。一生懸命書いてくださって
ありがとうございました★
しづくさんも書いてますが、兄さんは2巻で
「ほもでさえなければいいやつなのに」と
言ってます。
・・・が今更森永君がほもでなくなったら
困るのは兄さんだろ?と突っ込みたくなりますね!
では明日(今夜ですね;;)チャット楽しみにしてます★
目が早く良くなりますように(^^)

投稿: ぐらたん | 2009年11月 7日 (土) 02:36

>しづくさん
すごい長文な感想を書いた自覚はあったけど、
長文なコメントがついていて思わず笑いましたww
とつげば…はねぇ、磯貝さんさすがですよね(笑)。
着眼点ほめられたwwなめるように見た成果ですね。

2巻…見た。これかぁ!!
あぁこれだったかもです。いいやつなのにって言ってる!
さすがしづくさんです(´▽`)vvありがとうございますvvv

明日はごろごろしまくります!
わーい!!


>ぐらたんさん
あわわ、感想待ってて下さってありがとうございますっ!!
ほんと心臓張り裂けそうです。
兄さんを想うと胸が苦しい…(笑)。

ほもでなくなったら困るのは兄さん…にウケた(笑)。
朝までガマンしないといけないのすら困ってるのに、
森永くんがほもじゃなくなったらそりゃ困りますよね。
でもそんな身体にしたのは当の森永くんなので、
責任持って一生面倒見て頂きたいと思いますww

チャット楽しみにしてます~(´▽`)vv

投稿: じゅんじゅん | 2009年11月 7日 (土) 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6章最終回…じゃない、だと? | トップページ | まだ今月号は未読ですよ »