« 読んだよー | トップページ | 8月号の感想追加(´▽`) »

GUSH8月号「恋する暴君plan7最終回」感想

うおー、皆さん生きてますか。
なんとか生きてるじゅんじゅんです。

あっついよー。外気温も暑いけど萌えも熱いよー。

とうとう来たよ最終回マーク(>△<)。
とは言っても今回まんまと先生はみ出して下さったので、
10月にはまたちょっと読めますけど。

でもでも、最終回というマークがとりあえずでも付いてしまう
それにふさわしいものだったわけでーああもう。

とりあえず感想行くぞっ。

**************************

前回兄さんから押し倒した(違)という気になる状態で
以下次号になっていたわけですが、

「先輩は どうしたい?」

兄さんはなんて答えるのかしらとドキドキしてました(´▽`)。

さて。
どうって…と一瞬顔赤くして考えるもはっと我に返る兄さん。
「どう」はきっといろいろ方面にどう考えたんでしょうね。
兄さんかわいいな。

我に返った兄さんは
そんなんじゃなくて謝ろうとしただけで!と言いますが
そもそも怒ってない森永くんなんのことだかー?
な顔してます。
兄さんひとりでぐるぐる考えちゃったのね。

研究室で手を振り払ったこととか…
と伝えますが、
森永くんはショックだったけどそれは仕方ない。
イヤとか怖いとか思わせた自分が悪いんだと言います。
時間のかかることだって分かってるから気にしないでと。

兄さんのことを想うこの気持ちが優しいね!

でも、このあんぽんたーーんっ!!

時間は!かかったけどもうそこに!
兄さんの気持ちはここに追いついてるの!
時間のかかったあとの状態なの今は!
ってああもどかしいっ。
今まで散々ツンな態度を取っていた兄さんのせいでもあるが、
この伝わらなさ加減がもどかしいっ。

兄さんもなんだか違う…
伝わってないということを感知している様子。

やりたくてやったことなんかないって言ったの
まだ気にしてるんだなと森永くんに聴きます。
そうか。
そもそもここまで森永くんが頑なになっちゃったのは
それでしたねそういえば。
すいません読者ちょっと忘れ気味でした(´△`)。

そしてどうやら図星の森永くん。
あまり触れてほしくなかったようです。
というか思い出したくなかったんだろうか。
考えたら今までの素敵な思い出がすべてどんよりするもんな。
気まずそうにしつつも「それは当然…」と
あくまでも兄さんの気持ちを考えつつ語りかけますが、
兄さんの言葉にストップされます。

「あれは オレが悪かった」

Σ(゚Д゚;
お?非を認めました。

「さすがに 言い過ぎた…
 …っつか 言い方を間違えた」

…っつか ってところが可愛いな(´▽`)←横道にそれる思考
ちょっと顔を見れずに謝る兄さんが可愛いです。

「あれは…本音ではあるが」

いや、肯定すんのかよ(´△`)。
森永くんぐっさり。読者もぐっさり。

でも、兄さん。
やりたがるのはいつもおまえだろと言い訳。
やりたいって言いだすのは森永くんだろと
つまりそういう意味なんだよと。

心底嫌だったら、ブチ殺してでもやってねーし

ああああ、可愛いいい(´▽`)!!
顔そらしながら真っ赤になってるぅぅぅぅ。
そうだよね、兄さんはホモ嫌いなんだから
普通のホモが寄ってきたらきっと殺人未遂してるよね!
実際に殺人未遂してるしね、某助教授で!!
兄さんが心底嫌だったりしてたことなんてないのよ。
つまり嫌じゃなかったってことなのよ。
最初から。

最初からΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

でもそういうことになるのかな。いやなるよね。
結局最初の強姦の時だって森永くんは殺されなかったし、
まぁあれは疾走したのがちょうどクールダウンによかったのか
いやでも疾走前に兄さん様子もうおかしかったわけですし。

あああほんとかわいいな兄さんは。

そして研究室で手を振り払ったのもびっくりしただけで、
別に嫌とか怖いとか思ってないと言います。
森永くんは言われた言葉に感動して言葉も出ないでいます。

読者だって言葉も出ないですよ。
兄さんからこんなセリフ出てくるなんて(;▽;)

そして馬乗り体勢継続っていうか
すっかり森永くんのひざというか太ももと言うか
に乗り上げて座っちゃってる兄さんの体勢が
超絶可愛くて一瞬目を奪われる…ああああ。
なんだこのデレた猫みたいな体勢かわいいじゃないかぁぁあぁ。

すっかり沈黙の森永くん。
兄さん沈黙に耐えきれず「くそっ!」とかいきなり言っちゃいます。
まだ伝わってないと思ったらしく、
これ以上どう言ったら伝わるんだよとじれったそう。
こんなこと解り易く説明出来ないし、
自分でもよくわかってないしなんて言ってます。

兄さんがここまで一生懸命
自分の気持ちを説明しようとしたことなんて
今まできっとなかったんだろうなぁ。

家族や親戚はそこまでしなくたってわかってくれるし、
それ以外の人間に、
自分の気持ちをきちんと理解してもらいたいとか
きっと思うほどの人今までいなかったのかなとか思う。

森永くん慌てて十分伝わったと言いますが、
兄さんまだ疑ってます。
じーっと森永くんの顔を見て確認。
もう怒ってないんだなと再確認して、
ようやく、
ほっとしたように「そんなら いいけど」なんていいます。

かわいすぎんだろもう(>△<)!!

この兄さんが確認している間、
森永くんはそんな兄さんを見ながら
可愛さとか愛しさとかこみあげてきてどうしようもない様子。
どうしよう かわいい

そりゃそうさ兄さん可愛いけど
この瞬間の兄さん史上最強にデレっていうか
もうとんでもなく可愛いっていうか!!

常々兄さんのことを大好きな森永くんですが、
どうやらこちらも最高潮な様子。
きっと森永くん今までで一番兄さんがかわいいと思ってる。
どうしよう かわいい
ですからね。
どうもしないんだけどかわいくてどうしようみたいな。

この瞬間、読者と森永くんの気持ちはシンクロした。

いや森永くんはどうかしたらいいんだけど。
むしろしろよお前みたいな感じなんだけど。

しかし、その衝動を必死にこらえる森永くん。
せっかく先輩がこんなに誠実に話してくれてるんだから、
抱きしめたいキスしたいけど今はダメだと。

でもこの愛しい気持ち伝われ…
とばかりに極上の笑顔で「大好きですよ」と伝えます。

いい笑顔です。
まぶしすぎる。
兄さんへの愛しさにあふれてるよきらきらきら(´▽`)。
これからはなるべく困らせないようにするから…

なんてまたちょっと一歩引いたことを言いかけた森永くん。

に、なんと

兄さんから キス が… 

ふおおおおおおおΣ(゚Д゚!!

森永くんびっくり。
した兄さんもやったあとで気づいて赤面しちゃってます。

なんていうかこのねキスがね。
森永くんのセリフを考えると
まだ解らんのかーっていう誘いかけにも思えそうなんだけど、
いやそういうのもちょっとあるのかもしれないけど。
でもしたあとの兄さんの赤面を見ると、
もうさっきの森永くんのきらきら大好き告白に
兄さんの中でのいとしい気持ちみたいのがふくれあがって
ついした みたいな。
兄さんの気持ちが動かしたというか
すごい感動するのですよ(;x;)。

兄さんからキスって4巻でもしてるけど、
あれとはまた違うんです。
あれはちょっと身体の欲求的な部分もあったじゃないですか。
でも今度はもう気持ちだけなの。
気持ちがぶわーっと高まって
キスしたいと思ったんだろうなぁというか。

兄さんからキスしたいと思ったとか
なにそれなんなのもうどういうことなのちょっと!(落ち着け)

6巻のあれと似てます。
松田家の洗面台で森永くんの涙ぬぐったの。
気持ちとしては一緒だったんかなー。
森永くんがいとしいなっていうかそういう気持ちになったと。

赤面兄さんは、
困らされることはあるけど迷惑とかは思ってない。
そんなやつにそばにいろとか言わないと
更に伝えます。

必死に伝えようと兄さんはしていますが、
キスされたんですよ。兄さんから。
森永くんもう頭いっぱいいっぱいのようです。

これでもかっていうくらいに兄さんからの攻撃が続いてますし。
そりゃ思考停止しても仕方ない。

が、停止したのは思考だけだったようです。
身体はしっかり反応してしまいましたwww
そして気づいてしまう兄さん(笑)。
可哀相なくらい真っ赤になってるしww
なにしろ馬乗りになってるわけですし。そりゃ気づくわな。

心とうらはらな身体に(笑)森永くんもいたたまれないw

「ごめんなさい!だらしない下半身で!」

「だらしない下半身」って、
いやどこの受けが言われるセリフだよ(笑)。

自分で言うなよお前www
でも先輩からあんなんされたら!って
まぁそれは仕方ない。誰も責めません。
しかし、大切にしたいのにだらしない下半身(笑)のせいで
自制の効かなそうな自分に、
森永くんお手上げ状態のように寝転がって
兄さんにこーしてるんで今のうちに逃げて下さいとか言います。

真っ赤になりつつ茫然としてる兄さん。

森永くんの腕をとって
そのまま覆いかぶさりました…
えええええええええええええええええ

襲い受だとぅ!?
兄さんが!?

ここらへんで心臓に危機を覚え、いったんページ閉じる。

すうはぁ。
ぺらり。

森永くんに覆いかぶさった兄さんが
もう逃げないっていいかげんわかれよと伝えます。
ようやく森永くんもわかったようです。

そうなのよ。
兄さんは最初っからこれを伝えたかったのよ。
だから時間はかかったあとなのよ(;▽;)。

意を決して伝えたものの
兄さんふるえてるようです。かわいい。ぷるぷるかわいい。
ほんとにいいの?と聴かれて
いちいち聞くなそういうこととか言ってる。かわいい。
伝え下手な兄さんはこのセリフ今までも何度かあったけど、
このセリフ出るたびににやにやします。
つまり「Yes」なわけですからね。

先輩顔をあげてと言われて、あげた顔は
もう超真っ赤です。
かわいすぎるだろおおおおおお!!!

あまりの可愛さに
森永くんもう一回キスしてくれません?とお願い。
「は!?なんで!?」って兄さん可愛いwww
気持ちをもう一回確かめたいと言われるけど、
だって…さっき…ともう真っ赤になっててすごい困ってて
もう可愛すぎるよどうしよう。

メガネはずされて催促されて、
とまどいつつ兄さんからもう一回キス…。

感無量(;x;)

勢いとかでなくちゃんとしてくれるんですよ。
かわいいですよ。
重ねるだけのキスとかもう初々しい。かわいいなぁ。

とか感動してたら森永くん
「そっそれから?」とか言っちゃいますwww
「調子に乗るな!」と涙目な兄さんに怒られるww

涙目可愛すぎる。
もういっぱいいっぱいです(笑)。

そしてさっきの
「それから?」でブラックスイッチオンー(´▽`)。
ため口入りましたー。

えろモードきたよw

覆いかぶさってる兄さんにその体制のまま
ひざでしかける森永くん。器用じゃな。
兄さん全然もたずにあっという間にぐたってなっちゃいます。
可愛すぎるなぁ。
直接触ってないのにと言われて悪いか!とか言う兄さんに
「いいえ、可愛いなって」と森永くん。
あれ。直接可愛いって伝えるのはもしかして初めてか。
強く言い返せない兄さんに今度は森永くんからキス(´▽`)。

あまいです。うはぁ。

そしてページをめくると…

ソファ入りましたー(゚Д゚)!!!
兄さんからキスに襲い受に…更にソファだと!?

居間でやってる。しかもソファだ。
兄さん後日赤面すんだろうな可愛いな。

森永くん更に「自分でボタン外せる?」とか言ってます。
あれ?どっかで聞いたセリフだ。(某bot)
あああ現実になったよ(´△`)。
あれしてこれしての森永くんに兄さんちょっと抗議。
意地がわりぃ…とか赤面しつつ言われても可愛いだけですからぁ!
協力的だから嬉しくて…でも嫌ならまたそのうち、
と言われて兄さん「別にボタンくらいはずせる」と
自分でもたもたしつつはずしはじめちゃいます。

ふおおお、なんの天国これ。
もたつきながらボタン外す兄さんかわいすぎる(>△<)。

甘やかしたいのにいじらしさにつけこみたい

とか森永くんも言ってますが、
ほんとに兄さんのいじらしさが可愛すぎる。

心がつながってる だから 早く身体も

心がつながってるってことはさ。
兄さんも早く繋がりたいって思ってるってことですよ。
ああもう可愛い。
性急なことされてももう何も文句も出てこないです。
それどころか腕つかまってるし、
足からませぎみだし兄さんんんんん!

そしてつながったあまりの衝撃で兄さん体勢崩して
ソファから落ちそうになっちゃいます。
そんな兄さんを捕まえて抱き起こす森永くん。
やさしい~(´▽`)。

って思ったらそのまま座位入りましたー!

なんだとーーーΣ(゚Д゚;!!
いつか見たいとは思ってましたけどここで来るんですか!
いやなにこれ連打すぎるよ!
先生、嬉しいけど詰め込み過ぎで
読者の…読者のライフはもう…ぱたり

案の定びっくりしてる兄さんがもう可愛すぎです。
森永くんのリードが男前だけどえろいです。
しがみついてる兄さん可愛すぎるし。
いやもう可愛い通り越して可愛すぎるしか出てこない。

そして森永くん泣きながら兄さんに
受け入れてくれてありがとうと伝えます。
初めて好きな人とひとつになれた気がする…

それを頭くしゃってして
バカだな…泣くほどのことかよ
って森永くんを抱きしめる兄さん

ぶわぁぁっぁぁ(;x;)

感動して今ちょっとまた涙腺ゆるんできた。

やっぱり感想かくと頭の中がまとまるな。
うん、私今回でこのシーンが一番好きだ。
ここまでの兄さんも可愛いし森永くんも可愛いし
本当に大好きなんだけど、
このシーン素敵すぎるんですよ。

兄さんと森永くんって
兄さんの同性愛への偏見とか恋愛経験の低さとか
そういうところから来る気持ちの歩みの遅さを
森永くんがゆっくり待って、大事にしてきた一方、

森永くんの家族との確執とか
昔の恋愛経験から来るちょっと内に籠ってしまっている
本当に内側のあまり人にさらせない部分の弱さを
兄さんが癒して包み込んで愛してくれてるんですよね。

最初に一読した時はなんか感動してるだけだったんだけど、
感想書いたらなんかすごいほんとに感動してきたです。
もう暴君は、BLっていうくくりでなくてだね、
恋愛漫画として広く普及していいと思うんだよね。
いや難しいとは思うんだけどさ。

でもほんとに良い作品ですよね(;x;)。
兄さんも森永くんも大好きだ。

*****

最後のページは、
事後で森永くんが話があると
兄さんに切りだすところで終わっています。
ぐったりしつつ森永くんにもたれかかってる兄さんが
気を許しまくってて可愛いです。

あとは3か月後。
エピローグに続きます。

**************************

はぁぁぁ(´△`)。

あとほんとにもうちょっとなんですね。
いや本当は今号で終わる予定だったわけですが。
森永くんの話は就職話かなとか予想。
2人がどうなるのか気になりますが、
一緒にいることに変わりはなさそうなので
どうなろうともしあわせになってくれると確信しています。

ところでさ。

私、別事情により今aikoのカブトムシを聞いてるんですけど、
その歌詞の「息切れすら覚える鼓動」とか
もうこの最終話反芻しちゃってじんわりきます。

というか恋愛曲がぴったりくる暴君。
暴君見ていて恋愛曲を聞こうと思うとか、
そこがもう私個人的にミラクル。

兄さん可愛いな、森永くん可愛いな。
ふたりともほんとうに好きだ。
ちゃんと2人の気持ちが一緒になって良かったな。
エピローグも楽しみだけど、
番外編でどんな二人が見られるのかすごく楽しみです。

実はくっついた後の話を読めるっていう点では、
番外編とかすごい好きです(´▽`)。
いちゃいちゃが見れたらいいなぁ。
まだまだ楽しみが続くの嬉しいなぁ。
番外編なんて先生が気が向いたら
いくらでも書いてくれますよね。

実質のENDがつかないってことだよね(強引)。

暴君は永遠ですっ!!(超強引)

*****

ってわけで以上今号の感想終わり!!

見直す時間もないのでこのままうpしてチャットにいきますー!

改めてメッセージ企画への応募お待ちしてます。
読んで頂いてありがとうございました!!

|

« 読んだよー | トップページ | 8月号の感想追加(´▽`) »

恋する暴君(感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読んだよー | トップページ | 8月号の感想追加(´▽`) »